床材は空間の中で広い面積を占めるため、内装イメージを左右する素材であり、金額に大きく影響する材料とも言えます。
インテリアのイメージや素材の感触、コスト、メンテナンスのしやすさなど、何を優先するかを考えて選ぶことが大切です。

①フローリング

フローリングは大きく2つに分けることができます。

【無垢フローリング】
天然木を切り出して厚さ1.5cm程の一枚板にしたものです。
木が呼吸して調湿するため夏は水分を吸い、反対に冬は乾燥して少し縮み、板と板の間に少し隙間ができます。
保温性が高いため表面がヒヤッとしにくく、素足で歩いたときに触り心地が良いので思わずゴロゴロしたくなります。
堅さは樹種によって違いがあり、杉や桧などの針葉樹は柔らかいため足腰への負担が比較的少なくなります。
物を落としたりすると表面に傷がつきやすいですが、お湯を含ませた布などを当てておくと自ら膨張して少し戻ります。
熱処理等で表面の耐久性を強くしたものや、床暖房対応の商品も揃っています。

【複合(複層)フローリング】
薄い板を貼り合わせた合板の表面に化粧材を貼って仕上げたものです。
化粧材は、木を薄く削った突板と呼ばれるものや、木目調にプリントされたシートを貼ったものがあります。
突板でも厚みのあるものは無垢のように綺麗な木目が出ています。
また、シートにも本物と見分けがつかないような木目の商品もあります。

②タイル

耐久性、耐水性、耐熱性に優れているため水まわり等に適しています。
また、キッチンやリビングのテラス出入口、ストーブを設置する場所などに使用されることもあります。
色や質感が豊富でデザイン性に優れています。
触感は冷たく、また滑りやすいので表面のざらついた滑りにくい商品を選ぶのがおすすめです。

③カーペット(タイルカーペット)

保温性や吸音性に優れています。
触感も柔らかく、冬は暖かく感じられそうです。
また、タイルカーペットは汚れた部分だけをめくって張り替えることができるためとても便利です。

④クッションフロア(CFシート)

塩化ビニル製の床材で、耐水性や防汚性に優れ、汚れても落としやすいためトイレなどの水まわりに適しています。
また、クッション製があり足腰の負担を軽減できます。
木目調、石調、その他様々な色柄があり部屋のイメージによって自由に選ぶことができます。
水に濡れた後や湿気の多い場所では、素足で歩いたときに表面がベタッと感じることがあります。

⑤ビニル床タイル

CFシートより堅く、耐久性があります。
公共施設など大勢の人が出入りする場所でよく使用される素材です。
タイルカーペット同様汚れた部分のみを貼り替えることも可能です。

⑤コルクタイル

コルクをシート上にしたもので、断熱性、吸音性に優れています。
また耐久性やクッション性があるため、保育園の床にも採用しました。
表面の仕上げによって水に強いタイプもあるので水まわりにも使用できます。
ビニル床タイル同様汚れた部分のみを貼り替えることが可能です。


いずれの素材も、選ぶときには実物のサンプルで感触や色などを確認してから決めましょう。
また、壁や天井とのバランスを見て考えることも大切です。

内装材を選ぶときには、素材のサンプルと共に空間のCGパースなどでしっかり確認し、設計者とイメージを共有することが大切です。
「仕上がりがイメージと違う!」なんてことのないようにじっくり相談して決めましょう。