内装の仕上げ材には様々なものがあります。
ここでは壁材によく使われる一般的な素材を紹介します。

①クロス

ビニールクロス、和紙クロス、珪藻土クロスなどがありますが、一般的によく使われるのはビニールクロスです。
扱い易く、コストが安いことでも人気があります。
また、各メーカー様々なデザインのクロスがあるので、部屋ごと、または部分的にアクセントとして柄を取り入れてオシャレに仕上げるのにおすすめです。
汚れたら中性洗剤を含ませた布で拭き取ることができます。

②塗り壁

昔から日本の住宅に使われている、珪藻土や漆喰と呼ばれる素材があります。
どちらも自然素材のため体に優しく、調湿性能に優れています。
綺麗に塗るには左官職人さんの腕が必要なため、コストはクロスに比べて高くなります。
コストを抑える意味では、部屋全体ではなく一面のみに使用したり、調湿効果を発揮するトイレなどの水回りに使用することもおすすめです。
ホームセンター等で売っているDIY用の塗材には樹脂接着剤の成分が多く含まれている物もあり、塗りやすいですが自然素材とは言い難く調湿効果も劣るので要注意です。
せっかく塗り壁にするなら、やはり自然素材100%のものにこだわりたいですね。
汚れると掃除が難しいですが、部分的な汚れなら消しゴムを使うと割とキレイに落ちますよ。

③木材(無垢羽目板)

アクセントを付けたい壁面や腰壁(壁の下の方)に無垢の木板を貼ることがよくあります。
木の落ち着いた雰囲気になるほかに、調湿効果も期待できます。
よく触る部分に木を貼ることで壁がボロボロになるのを防ぐこともできます。
こちらもビニルクロスに比べてコストはかかりますが、無垢板を合板にすることで金額を抑えることもできます。
自然の木のため経年劣化は防げませんが、定期的に保護塗装をすることで長持ちします。
おすすめは「オスモ」などの自然塗料で、セルフメンテナンスが容易にできます。
木の色は初めより濃くなっていきますが、暮らしていく中でその経年変化を楽しむのもまた良いですね。

④タイル

一言にタイルと言ってもいろいろな種類がありますが、よく使われるものに調湿機能のあるデザインタイル(エコカラットなど)や洗面カウンター周辺等で使われるモザイクタイルなどがあります。
いずれも耐久性・耐水性があり、長くキレイに使えます。
また、色や質感などで様々な組み合わせができ、デザイン性に優れています。
デメリットはコスト。
素材自体の価格の他に左官職人さんの手間代がかかります。
コストを抑えたい場合は、小さい面積でアクセントとして効果的に使用するのがおすすめです。
目地に汚れが付着しやすいため、こまめに汚れを拭き取ることが重要です。

様々な壁材がありますが、内装のデザイン、コスト、メンテナンスなどを考え、イメージに合った素材を選びましょう。