住宅の構造には主に「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造」があります。
また、それらの中にもいくつか種類があります。
それぞれに特徴があり、メリットやデメリット、工期やコストにも違いがあります。

①木造

鉄骨造やコンクリート造にくらべコストを抑えられます。
また、木材は加工が容易で間取りやデザイン等は自由度が高いと言えます。
木材は傷みやすく火に弱いため、防腐や防湿、防蟻などの処理や、防火対策をしっかり行っておくことが必須です。

【木造軸組工法】
一般的に昔から日本で使われてきた工法で、「在来工法」とも呼ばれます。
主に柱・梁・土台で構成された木軸組で加重を支えます。
それぞれの接合を金物で強くし、筋交いや構造用合板などを用いて耐震構造とします。
設計の自由度が高く、増改築しやすいのが特徴です。
木材の切断や加工は、昔は大工さんの手加工で行っていましたが、最近は工場で加工する「プレカット工法」が主流で、工期の短縮と品質の安定した部材の供給が可能になりました。

【木質耐力壁工法】
木質の壁(耐力壁)で荷重を支える工法です。
箱状の構造でできているため耐震性や断熱性能が高いことが特徴です。
反面、面で構成されているため窓などの開口部が制限を受け、大きな窓が設置しにくいなど増改築には不向きです。
2x4(ツーバイフォー)工法や木質パネル工法などがあります。

②鉄骨造

柱や梁などの主要な部材に鉄鋼を用いた構造です。
軽量鉄骨造、重量鉄骨造に分かれます。
鉄鋼は強度が大きく、工場製品のため品質が安定しており優れた構造部材です。
部材の強度と併せて柱・梁の接合部も強度が強く、大空間の確保が可能です。
反面、熱やサビに弱いため防錆処理や耐火被覆をしっかり行うことが必要です。
また木造に比べコストは高くなります。

③鉄筋コンクリート造

「鉄筋」と呼ばれる鉄の棒状の部材とコンクリートを組み合わせた構造です。
鉄は引っ張りに強く、コンクリートは圧縮に強いため組み合わせることで強度の強い構造となります。
耐震性、耐火性、耐久性に優れています。
コストが高く住宅の構造には向いていませんが、アパートやマンション等で使われることが多く、鉄鋼造同様に大空間の確保が可能なため、リフォームやリノベーションの自由度が高いです。


アーキ・キューブでは主に木造軸組工法の住宅を手がけていますが、それぞれの特徴を知った上で住まいづくりを進めることも大切ですね。