岐阜・愛知・滋賀で新築・リフォーム・インスペクションをするなら 専業の建築設計事務所へご依頼ください

アーキ・キューブの住まいづくり

  • HOME »
  • アーキ・キューブの住まいづくり

「住まいメモ」への書き込みから

アーキ・キューブの住まいづくりは、まず「住まいメモ」に新しい住まいへの思いを書いていただくところから始まります。
ここには、家族全員の起床や食事の時間(平日、休日)、趣味などのほか、新しい住まいへの細かい要望を書いていただきます。
広くて明るいリビング、収納の豊富なダイニングキッチン、来客用の和室、ご家族全員の個室、豊富な収納など、盛りだくさんになってもいいので、全部書いて頂きます。
ご家族で話し合ったことがノートにまとめてあればそれを見せていただくこともあります。

住まいメモには、もうひとつ重要な記入をお願いしています。
それは、現在の問題点。玄関、居間や洗面所などの広さは何畳か?収納は十分か?など、現状の住まいそれぞれの部屋の広さと共に問題点を書いていただきます。

住まい手のすべてを把握してはじめて「住まいづくり」が始まります。
同じようにアーキ・キューブのことも知っていただくために、このホームページのブログやスタッフ紹介のページもぜひご覧頂きたいと思います。

 

住まい手の考える暮らしをひとつひとつ形にすること。

これからのライフスタイル(暮らし方)をデザインする

食事の時間はみんなでにぎやかに過ごしたい。
気配を感じつつプライバシーを確保したい。
設備に頼らない心地よい空間にしたい。
家事の動線を考慮した使いやすい間取りにしたい。
そんな、住まい手が描くたくさんの新しい暮らしのスタイル。
いろんな住宅雑誌を見たり、ショールームに出かけるとたくさんのアイデアが膨らみ、理想の暮らしを思い描くだけで楽しい気持ちになります。

そして、設計事務所「アーキ・キューブ一級建築士事務所」の役目は、住まい手が頭に描く新しい暮らしのスタイルを形にすること。
でも私たちが形にするのは、すこし先の住まい手の暮らし。例えば、10年後の住まい手のライフスタイル。家族それぞれが成長し、今とは異なったライフスタイルに変化します。
また、建物の建経年劣化や住まい手の身体の変化(世代によっては20年以上先のことかもしれませんが)にも対応しなければなりません。
ダイナミックな発想と細やかなディテールでみなさんの住まいづくりをサポートします。

小さくつくって広く住まう

住まいのコストは仕様や広さによって増減します。耐震性や省エネ性はもとより、室内外の意匠や将来のメンテナンス性などバランスよくデザインすることが求められています。
真っ先に考えたいのは住まいの広さのこと。小さく作ることで家づくりのコストを削減できます。

住まいメモの要望を整理すると、いくつかの部屋を兼ねられることが分かってきます。むやみにたくさんの部屋をつくらず、将来のライフスタイルに合わせて可変性のある間取り(例えば子供部屋の間仕切り壁は将来取り外せるようにしたり、引き戸で間仕切りるなど)にしたり、家族が集まる場所を一番心地よくするために吹き抜けのある空間を設けるなど、小さく作って広く住まう家づくりをお勧めしています。
寒いのでは?と良く聞かれる「吹抜け」はアーキ・キューブで最もよく採用する魔法の仕掛けです。
吹抜けは、部屋の隅々まで太陽の光を取り入れたり、高低差による気圧差を利用して自然換気を図ったり、天井効果によって部屋を広く見せることができます。
床暖房など輻射暖房を用いれば冬も快適に乗り越えられます。
アーキ・キューブも吹抜け空間になっています。ぜひ一度事務所にお越しください。

トップページに戻る

地域の木を使い地域の人達とつくること。

林業家の想いを街につなげるとりくみ

岐阜県は森林率(森林面積の割合)が全国2位の林産県(平成24年3月調べ)です。周りの山には戦後植林した「スギ」や「ヒノキ」が伐期を迎えていますが、「国産材は高い」「手に入りにくい」「強度が弱い」といった誤解があり建材としての活用は進んでいません。危険な作業を伴いながら伐採した木材を搬出する林業家が岐阜の木を使ってほしいと願ってもその想いは街に届かず、森林がもつ水源涵養機能が失われますます土砂災害が増えている現状があります。

このような中、私たちは林業家と手を組み、(木材の流れを川上から川下へと表現するなら)川上である林業家・製材所と、川下である住まい手や建築士を一本の線でつなぐとりくみを行っています。林業家から直接原木を購入したり、住まい手と製材所や加工場の見学へ行くなどして地域材の活用に積極的に取り組んでいます。

これらの活動が国産材を活用した住宅や保育園の建設に活かされています。

岐阜性能表示材の積極的な活用

岐阜県では合法的に伐採された木材を製材や乾燥の流通管理と同時に含水率とヤング係数(曲げ強さ)を表示した「ぎふ性能表示材」の普及を進めています。
未乾燥材(グリーン材)は木材の乾燥に伴って大きく変形します。これは今でも一般的に流通している木材です。
木材を持ち上げれば乾燥しているかどうかわかる!なんていう人もいますが、適切に乾燥された木材であるかどうかは計測機器を用いなければわかりません。また、住まいの構造計算を行うえでヤング係数の把握は極めて重要です。
「ぎふ性能表示材」にはこれらの数値が木材一本一本に(または納品書に)記載されています。
アーキ・キューブでは木材の性能が担保されたこの「ぎふ性能表示材」を積極的に活用しています。

トップページに戻る

つくり手と住まい手をつなげること。

積極的に仕事を見学

住まい手にはぜひ何度も建設現場に足を運び、わが家が出来上がっていく様子を隅々までご覧になっていただきたいと思います。
そこには暑い日も寒い日も懸命に取り組む職人さんがいます。自分たちの住まいのためにこんなにたくさんの人が関わっているのだと、この人達の技術無くしては住まいの夢は実現できないのだという思いがひしひしと湧いてきます。それはとても幸せな時間だと思います。
また、工事の節目となる「建て方」(上棟式)や、工事の始まりの「地鎮祭」(起工式)にも積極的にご参加いただくこともお勧めしております。

顔が見える建築主分離発注方式(リフォームを計画の方にむけて)

ほとんどの場合、住まい手と建設会社(工務店)が工事請負契約を締結して工事を依頼する形がとられていますが、昔は集落に大工(棟梁)をはじめ建築職人が一通り揃っているので、住まい手はそれぞれの職人に直接仕事を依頼(建築主分離発注方式)していました。
顔が見える関係が構築でき、住まい手目線で責任のある仕事を職人がこなし、投資した金額がそのまま工事の形になるなど、分離発注方式には住まい手に多くのメリットがあります。

分離発注には工事中の安全管理や職人への個別発注などの煩雑な業務がつきものですが、アーキ・キューブでは過去10年余の分離発注の実績により、リフォームにおいて本サービスを提供しています。
中間マージンのない建築主分離発注方式のメリットは、費用が抑えられるという面はもちろんですが、何より工事を行う多くの職人達との間に生まれる心地いい信頼関係により、楽しく充実したリフォームになるということです。

トップページに戻る

お気軽にお問い合わせください TEL 058-268-8122 9時〜18時(土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 有限会社アーキ・キューブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.