岐阜・愛知・滋賀で新築・リフォーム・インスペクションをするなら 専業の建築設計事務所へご依頼ください

BIMマネージメント

Building Information Modeling(BIM)とは

近年、建築設計のワークフローは2次元CADによる作図から3次元設計(BIM)に大きく変化しています。
BIMとは、コンピューターの中で3次元モデルを作成して設計をすするめる手法です。施主との合意形成が早期に間違いなく行えることや、様々な情報をモデルに蓄積することで仕様やコストを管理したり、環境や構造のシミュレーションが行なえ、施工計画の立案が可能になるといった多くのメリットがあるため、欧米を中心に広がっています。

地場のゼネコンや設計事務所がBIMを導入しはじめました

日本では2009年ごろから大手ゼネコンや組織設計事務所がBIMを採用し始め、近年は中小の建設事業者も新しい設計・建設手法としての活用に注目しています。
プレゼン資料作成には大きな労力を費やします。施主に建物形状を説明するには、様々な方向から建物を見られるように時間をかけて模型を作るか、何枚もパースを作らなければなりません。
BIMは基本設計段階でのプレゼンテーションに大きな力を発揮します。建築士がBIMを使えるようになれば、並行して何時間もかけていた作業を一人で行えます。資料作成を短時間で行えることにより今までより多くの時間を設計検討に費やすことができるため、より精度の高い設計が可能になります。

中小建設事業者こそBIMを導入すべきです

BIMは中小建設事業者ほど導入が容易です。
変化に敏感で先進技術の導入を恐れない中小建設企業代表者の一声でBIM運用に大きく舵をとることができます。
しかし、運用には多くのコツが必要です。

アーキ・キューブではBIMソフト(Autodesk Revit)の活用に関するセミナー、また建築事業者様への技術支援や運用についてのご相談等も承っております。

10703694_702458986497484_4561424934201050121_n

Autodesk主催 Revitセミナーでの様子

1507031_724826810927368_3339904683280326850_n

弊社スタッフによるハンズオン講義

お気軽にお問い合わせください。

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 058-268-8122 9時〜18時(土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 有限会社アーキ・キューブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.