先日、岐阜の木家づくり支援事業の申請の帰りみちに、近くのT邸の現場を覗かせてもらいにいきました。

T邸は、私も入社前のアルバイト時に、図面&模型をお手伝いさせていただいたお宅。

前回の建て方の見学も感動しましたが、その後どうなっているのかとても楽しみでした。

現場はたまたまお休みの日だったのか、残念ながら職人さんたちとはお会いすることができなかったのですが、「失礼しまーす」と言いながら、見学。

 

 

 

 

 

 

 

 

「あ!」と発見したのが、施主の家族の皆さんで書かれたと思われるメッセージ。

家族のお名前と、そして思わずパシャリととった写真は、おそらくお子さんが書かれたもの。「仲良く遊ぼうね、(続)」と、イラストつきで書かれていて、発見した私もほっこりさせられたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、私たちが学生の頃につくった自力建設でも、見えない箇所に、自分たちの名前やお世話になった方々の名前、つくっている間の思い出、建物が末永く使われますようにという思いを込めて、みんなで落書きをしました。

お施主さんたちも、きっといろんな思いをこめて書かれたのではないかなと思います。

そして、職人さんたちもこのメッセージを毎日視界に入れては、「頑張るぞ!」とはりきって仕事をしてらっしゃるのではないでしょうか。勝手な妄想ですが(笑)

そしてそして、私自身も、元気をわけてもらいました♪

さて、気づけば、4月も後半です、頑張っていきましょう。

By ばんちゃん