アーキ・キューブでは物件の大きさや施主の個性を鑑みて担当スタッフを充てるスタイルをとっています。それは、プロジェクトごとに個性がだせることや、初めから終わりまで担当することで業務の流れを確実に理解することをねらいとしているから。

今日の一コマ一人一担当のばあいは、お互いにどんな仕事をしているのか、また、仕事の悩みや楽しみを共有することが薄れがちです。
そこで、毎週月曜日はプロジェクトの進み具合の報告をしがてらミーティングをしています。

写真はそんな一コマ。

和気あいあいとした雰囲気で、お互いの業務について理解を深めています。
独りよがりになりがちなところに突っ込みをいれる・・・そんな期待も込めて。
でも突っ込まれるのはもっぱら僕ですが、何か?