こんにちは。ひきちゃんです(o^^o)

残暑とはいうものの、まだまだ本格的な暑さが続いていますね(;´Д`A

皆さん、お盆休みはいかがお過ごしでしたか?
私は遠出することもなく、(ちなみに実家も車で15分なので。)
まだまだ宿題が残っている息子のお尻に火を点けつつ、
飲んで食べてダラダラさせて頂きました( ̄▽ ̄)

アーキ・キューブは先週木曜日から業務再開しておりましたが、
先週は何となくマッタリムードが抜け切らなかったような…。
今週から改めて、気を引き締めて頑張っていきます!
よろしくお願い致しますm(_ _)m

さて、我が家のリフォーム。

大工さんのお盆休み中はすっかり静まり返り、寂しいくらいでしたが、先週末からまた再開。
賑やかになっております(*^^*)

外部のサッシが新しく入れ替わり、外観はこんな感じに…

サイディングも届いているので、あとは貼っていくばかりですね。

外観といえば、外壁のカラーにはかーなーり悩みました。
家族会議です!(^^;;
一時はちょっと冒険カラーが候補に上がりましたが、やはり最終的には落ち着いた色合いで、和風なイメージを損ねないカタチでのセレクトとなりました。
外壁施工後の写真は次回アップの予定。お楽しみに(^-^)/

続いて内部。只今こんな感じ…

大工さんが、建具枠を一本ずつ手で加工しながら取り付けていくところです。
ずいぶん部屋の形が見えてきました。

当初、LDの真ん中辺りに、2階を支えるために丸太柱を入れる計画でした。
でもやっぱり狭く感じるなぁ…ということで、大工さんと会議。
結果、既存の梁に添え梁をすることで構造上持たせられるという判断。
そして柱を取り止め、この広い空間が実現できたのでした。

リフォームの現場では、施工途中での設計変更、その場で判断することは多々あるらしい。
既存の建物は残っている古い図面だけではなかなか全てを把握するのは難しく、解体してみてビックリ!なんてこともあるとか。
そういう時、頼りになるのは、経験豊富な職人さん達!ですね(^▽^)
設計の力ももちろん必要ですが、実際に何十年も一筋に作業をして培った感覚というのは素晴らしいなぁと、職人さんと話をしていると感じます。
これからも頼りにしてます(`_´)ゞ

そんな感じで順調順調?♪( ´▽`)

次回もお楽しみに( ´ ▽ ` )ノ

 

ひきちゃんでした。