今日は一宮市Y邸の地鎮祭が執り行われました。
下水道の敷設替えに伴い改築されるY邸は、3世代が住まう国産材(ぎふ県産材)の住まいです。

台風によって解体工事が遅れて、予定より3日遅れての地鎮祭でしたが、今日はもう十分!って言いたくなるほどの良い天気。 立秋もとうに過ぎ、赤とんぼが飛んでいるときもあるのに、暑い、暑い、暑い、暑い・・

猿田彦神社より宮司さんをお招きし、厳かに執り行われました。
Y邸の廻りは、同じように改築をされる(た)住まいがほかに2件あります。
どちらもお向かいに建っています。
正面で、今日、基礎コンクリート工事をしているのが、セキスイハイム。またすでにほぼ完成をしている斜め前の住まいが、ダイワハウス。

その対面に建つのが、国産材の住まいY邸(何度も言う)!なのです。
年内の完成を目指していよいよ始まりました。地盤改良、基礎工事に早速取りかかり、月末には上棟予定のハイペースです。事前の打ち合わせを綿密にして、正確な工事をお願いしています。

地鎮祭終了後は地質調査に立ち会いました。
既存の建物が障害になって完全な調査ができなかったので、解体後に調査をしました。
しかし改良工事の工程もすでに決まっているので、近隣のデータで改良方法は検討を済ませていました。今回の調査はそれでも当該地の地盤の状態を確認するために実施したものです。
調査結果は現場で直ちに確認することができました。
正確な報告をまって次工程に進みたいと思います。

Y邸の娘さまがアメリカに留学をされているので、時々現場の様子をお知らせしたいと思います。