今日はスタッフ「さっきー」と愛知県扶桑町の住まいの定例打合せ。
議題は、外構工事の内容や設備機器の最終型番確認など。
年末の竣工引き渡しにむけて着々と進んでいます。

打合せが終わってから、施主ご夫婦と僕の3人(さっきーが居ない!)で、無垢の建具枠や見切材(主にヒノキ材)に蜜ろうワックスを塗りました。

普通、建具枠などの木部の塗装は塗装業者に任せることが多いですが、弊社では、施主が自分たちで出来るところは分離して施主工事としています。

理由は、自分たちで今後のメンテナンスができるようになりますし、自分たちできることを建設工事から分離するだけで、工事費がずいぶん安くなりますし、なにより、家づくりが楽しくなるから。

まさに、一石三鳥ですね~Wさん、お疲れ様でした!

ファイル_002

ファイル_

ファイル_001IMG_0077