今日は美濃加茂市内で建築中の森山学園の定例会議でした。

現場は足場が外れ、木部の塗装工事やタイル工事など最終工程に入っています。
年末までの工期で鋭意進めていましたが、木製建具と外構工事がぎりぎりとなるため、年内の工事内容を確認し、検査等は年明けに受検することにしました。

木材の搬入や乾燥等に時間を要したため、監督や大工さんに頑張ってもらいましたが、仕上げ工事で慌てたくないですよね。お施主様にも理解して頂きました。

夏の建て方から今度は寒さに震えながらの工事。大変なことが多いですが、職人一人一人の顔には完成へ向かっている自分の現場への自負が感じられます。