所属しているボランティア団体の事業でマレーシアからの男子留学生”Leong Jo Yew君”と一日一緒に過ごしました。

プロフィールによるとJo Yew君はスポーツとゲームと音楽がすきな高校一年生(マレーシアは中高一貫教育が一般的で4年生とのこと)。ちなみに次女と同い年です。

岐阜に滞在するのは1週間の予定。移動日を考慮するとゆっくりできるのは実質4日ほどしかありません。滞在中にできるだけ岐阜のことを知ってもらうためどこに連れていこうかいろいろと考えて決めたプランがこちら~
「Jo Yew君と行く、岐阜の農林業と文化遺産に触れる旅」。

岐阜農林高校にて

岐阜農林高校にて

まずは岐阜県立岐阜農林高等学校の視察。
ここは、文科省指定SSH(スーパーサイエンスハイスクール)に認定され、森林科学科をはじめとする計7つの専門学科を有し、実習と座学を高レベルで実施している高校・・と弟(教員)談・・空き時間だった英語の先生にわざわざ通訳をお願いし広大な敷地にある農業用ハウスや畜産施設などを見せてもらいました。
初めて岐阜農林高校の敷地に入ったのですが、専門的な施設と広大な敷地にびっくり!

美濃和紙紙すき体験

美濃和紙紙すき体験

つぎは、ユネスコ無形文化遺産に登録された「本美濃紙」の手漉き和紙技術を体験。この日は美濃市の小学生が自分たちの卒業証書を手すき和紙で作っていましたが、無理を言ってお昼時間に体験させてもらいました。

登録遺産となったことで海外からの観光客が増えているそうで、留学経験があるという女性スタッフ(写真)の方が作業を説明してくれました。
展示に英語表記がないのは残念!そこは僕が適当に解説を・・・(笑

柳屋食堂美味!

柳屋食堂美味!

ランチは「とんちゃん」を食べに「柳屋食堂」へ。
遠方の友人を連れていくと間違いなく喜ばれるお店ですが、Jo Yew君の口に合うかどうか?内臓系はNGかな?との心配をよそに、別にオーダーした牛肉よりもとんちゃんばかりがっつり食べてました。

スタッフ「つっちー」が担当している北方町の住まい(Under construction)では、休憩中のCarpentersと国際交流。僕を介して仕事中は堂々と現場を説明してくれた大工さんも休憩時間になると途端に無口に・・こんなときは道具の説明をしてもらえばよかったかな?

高校生の友達たちと

高校生の友達たちと

楽しい一日の締めくくりは、娘たちの同級生とのたこ焼きパーティー。丸一日いろんな企画を考えたけど、結局のところ、同い年とのコミュニケーションが一番楽しそうでした。そりゃそうだ。

チーズが苦手なつっちーには”チーズ入りたこ焼き”、焼きマシュマロ初体験のさっきー、山のように積まれたチョコ入りホットケーキボールを頬張るけんけん・・・。男子スタッフには若干罰ゲーム的な感じが否めませんが…高校生に混ざって、みんなで楽しいホームパーティーの時間を過ごしました。

最後にみんなで記念撮影

最後にみんなで記念撮影

家族にもスタッフにも貴重な経験になりました。
ありがとう!Jo Yew君楽しんでもらえたかな?
また会おうね~