新しい年を迎え、これから益々精進して参ります。皆様、今年もよろしくお願いします。

昨年はこれまでの基幹であった住宅設計から、茶室、保育園、ショールーム、生産施設の設計へと業務の巾が大きく拡がった一年でした。これまで通り、国産材の利用普及にも注力することができました。

また、建築士会を通じて、国土交通省や公益団体と積極的に交流できた一年でもありました。リフォームについては年を追う毎に増えている実感があり、今後も、施策に後押しされる形で増えてゆくと思います。建築主分離発注という方式で施工にも関わっていることで、様々な職人とのネットワークも強固になりました。

東北に甚大な被害をもたらした東日本大震災に関しては、3県の被災調査、仮設住宅建築への関与等、建築士会を通じて重要な職務を全うしました。復興への道のりはこれからで、建築士の社会的な責務を通じて、これからも関わってゆきたいです。

新年早々、事務所を増床します。
組織力を上げるために、4月には岐阜県立森林文化アカデミーから新入社員を迎え入れるのと、3次元CADを扱える所員をもう一名増員することにしています。

こんな時代だからこそ、しっかりと基盤を整備し組織としての設計事務所を目指してゆきたいと、夢と希望をすこし語ってみました。

様々な方との出会いに感謝しています。
本年もよろしくお願いします。

有限会社アーキ・キューブ 大石佳知