岐阜県関市にて、増築工事を進めている刃物屋トギノンさんの工場の確認申請に基づく完了検査を受検しました。

一般的には、建築物を建築するまえに役所(特定行政庁)に対して予定建築物の仕様、構造、設備等について確認をもとめ、問題がないことを確認した後、建築工事にかかります。

また、工事が完成すれば、確認申請を提出した建物は原則、建築物の完了検査申請をし、検査に受検し、合格しなければなりません。

工場棟は床の塗装など若干工期がかかりますが、事務所棟はすでに完成し、本日の検査に合格したので、使用を開始することができます。

今回、事務所棟を増築してショールームを、工場棟は既存の建物に構造上一体的に増築をしました。

申請にたくさんの時間を費やし、監督にはずいぶん慌ててもらいましたが、施主に満足していただけるものが出来て、良かったです。