岐阜市では建物5月、外構6月竣工を目指してすすめているプロジェクトがあります。

地震による設備機器等の全国的な納品遅延が発生しており、ここでもキッチン、トイレの納期が分からず工程に影響が出ています。
遅延の原因は、東北地方でキッチンユニットの部品をつくっていて組み立てに支障がでていることや、仮設住宅への優先的発送のための在庫調整などが上げられます。

東北の状況を考えれば贅沢を言える立場ではありません。ご理解のあるお施主様に救われていますが、問屋の資材流通状況をみても、5月頃には流通が促進されるという明るい話題もありますので、もうしばらく事態を冷静に把握したいと思います。

施主様とは毎週一回事務所で打合せを行っています。今回は玄関床のタイルの色決め。玄関の作り付け家具の色を確認しながら、慎重に検討されています。
外観も玄関廻りの石張を残してほぼできあがりました。

 

それから、来週月曜日、テレビ愛知系の番組制作会社の方に取材を受けることになり、今日は朝から先月竣工した森山学園でテレビ局のプロデューサー、ディレクターと打合せをしました。

現場での説明と工務店での施工の苦労話、そして木材の調達の話・・・

取材前の打合せにもかかわらず、木の話になると相変わらず話が止まりません・・・。

いかにも取材前にサロンに行って髪を切った、緊張した面を見るのが今からコワイです。